Concept

 或る建築物が存在する敷地は世界に唯一無二であり、その建築物に関わる人たちも、
又関わり方も唯一無二であります。

 その建築物を設計するに当たり、設計者は如何に在るべきかを常に自問自答しております。
しかし、いかなる場合にも、常に純白のキャンバスに向かう如く、先入観を持たず、熱く情熱を
たぎらせながらも冷静沈着で在りたいと思っております。

 そして安易な決定は決して行わず、二者択一を出来る限りたくさん行い、
「その回数の多少が設計の善し悪しを決める」
を座右の銘として設計の質を高めて行きたいと考えております。